逆輸入車乗ってみたいけど手が出にくいナビ

逆輸入車乗ってみたいけど手が出にくいナビ

MENU

逆輸入車の特徴と魅力

自動車のユーザーの好みが多様化するにつれて、逆輸入車の人気も高まっています。ここでは逆輸入車の特徴や魅力を紹介します。

■逆輸入車とは?

逆輸入車には大別して2通りがあります。その区別は下の通りです。
・日本で生産→海外に輸出→また日本に輸入 ・海外で生産→日本に輸入
というものです。ポイントはいずれも「日本のメーカーの車である」ということです。特に下の「海外で生産→日本に輸入」の場合、外車はすべてそうなわけで、別に逆輸入車とは言わないのですが、これが「国内メーカーである」ということがポイントなのです。 つまり、トヨタや日産といった国内のメーカーが海外工場で生産したものを輸入するというわけですね。 一方、前者の「日本で生産〜」の方はどういうことかというと、たとえばアメリカ向けに製造されて輸出されたものを、また日本に買い戻す、というようなスタイルです。 アメリカ向けでも日本で製造しているというのは、アメリカの工場でラインが用意できなかったような特殊な車などですが、そうしたものは自動車マニアの人気も高く、わざわざ逆輸入してでも買いたいという人がいるわけです。 もちろん、一度海外に輸出してまた買い戻すというのは無駄な手間やコストがあるので、これで値段が高くなるということは言うまでもありません。これをカットできたらいいのですが、逆輸入車はニーズもまだ少ないため、個別にそのような対応をしてくれる会社が少ないということなのでしょう。なので、一度海外に出た車を、中古車を輸入する、という形で買うわけです。

■逆輸入車のメリット(魅力)

逆輸入車のメリットや魅力はなにかというと、やはり「珍しい」ということでしょう。国産の車とはいえ、海外向けの仕様となっているので、雰囲気も性能もまったく違います。国産車でもない、外国車でもない独特のオーラを放っているのです。 国産車にしても外国車にしても、こうした普通の車に乗っていると、町中でどうしても誰かとかぶってしまいます。特にネットの発達によって、今は外車でも割りと低下で購入できるようになりましたし、外車はメンテナンス費用がかかるとして敬遠していた人たちも、今は自分でメンテナンスをするための情報がかんたんに入手できるようになりました。そうした中で外車ユーザーも増えていますが、それでも逆輸入車ユーザーはほとんどおらず、車で個性をアピールできるのが魅力と言えるでしょう。
更新履歴