輸入車を購入したいと考えている人も多いでしょう。あまり人と同じクルマに乗りたくない方におすすめの情報を掲載しています。ここではその時の注意点やポイントなどを書きます。


■あまりにも古い車種は避ける


まず、よほどマニアな方でない限り、中古車 外車は古い車種は避けるということをおすすめします。理由は、メンテナンスで費用がかかるからです。メンテナンス自体はそれほど大変ではないにしても、もう部品が製造されていないとか、数が少ないため値段が上がっているということが多いのです。

つまり、車検などで部品の交換が特に必要なかった時はまだいいのですが、交換が必要になった時にかなりのお金がかかるということです。特に製造が中止されてしまったパーツの場合は、それを今でも持っているような業者から入手する必要があり、それがどれだけお金がかかるかは言うまでもないでしょう。もちろんそれほど古い車種というのは、ほとんどコレクター向けのビンテージに近いようなものですが、そうした車種は、よほど好きな方以外はおすすめできません。

■日本でのドライブに合ったメーカーを選ぶ


日本というのは基本的に狭い土地です。狭い土地で何度も信号で停止しながら運転するというのが基本です。ということは、それとはまったく別の土地(たとえばアメリカなど)で製造された車の場合は、日本のこうした乗り方に合っていないことが多いんですね(多いというより、基本的にほとんどの車種が合っていません)。

なので、できるだけ日本でのそのようなドライブ方法に合っているメーカーや車種を選ぶことをおすすめします。もちろん、アメリカからの輸入車であっても、都市部で乗ることを想定して作られているものであれば、日本での乗り方にも適応することができます。そうした車種を事前にしっかり調べるということをおすすめします。

■ハンドルは絶対右がいい


輸入車や外国車というと、左ハンドルというイメージを持っている方がおおいでしょうし、それに憧れる気持ちはわかります。しかし、できれば右ハンドルのものをおすすめします。すでに日本に入ってきて売買されている輸入車の場合は、そうした右ハンドルのものが多いです。

日本の道路の法律や構造はすべて右ハンドルが有利に作られていますし、助手席に乗る人も左側に乗ることに慣れています。なので、右の場合は恐怖心を感じることも多いのです。なので、こだわりがあるのでなければできるだけ右ハンドルにすることをおすすめします。

輸入車買取を行う業者も高価買取で動いてくれる。


なかなか国内ではお目に掛かれない逆輸入車はコアなマニアにはのどから手が出るほど欲しいアイテムです。しかしお金持ちにしか手が出ないところもありますが、高年式車なら購入の幅は広がるでしょう。